Enjoy music with computer !

手書き入力できる記号の一覧

おんぷノートでは、以下の記号が手書きで入力できます。基本的には、紙に書く場合と似たような書き方で入力しますが、特に画数が多いものは、すべて描かずに途中まで描けば入力できるものもあります。(例えば、4分音符は符尾を描く必要はありませんし、特殊な入れ方をするものもあります。) 思ったように記号が入力できないときは、以下の「入力の仕方」と「動画」をよくご覧ください。
なお、複数の画数で描くものは、間を置かず、続けて描くようにします。

※Internet Explorerで動画が表示されない場合は、互換表示をオフにすることで見られるようになる場合があります。

音符/休符臨時記号調号音部記号拍子記号タイ/スラー強弱記号奏法記号メトロノーム記号小節線反復記号繰り返し括弧ジェスチャー

音符/休符

種類 入力の仕方 動画
全音符 円、左上がり楕円
2分音符 右上がり楕円、全音符に符尾(ぼう)を追加(逆に2分音符の符尾を削除すると、全音符になります。)
4分音符 符頭のみ入力。斜線(上から、または、下から)、多重円
8分音符、16分音符 4分音符に「はた」を追加
全休符 全音符
一筆、または、2画で。
2分休符 2分休符
一筆、または、2画で。
4分休符 4分休符
8分休符 8分休符
16分休符 8分休符に
休符U
を追加
付点 符頭・休符の右に点
連桁 符尾と符尾を横線で結ぶ
短い連桁は、符尾に向かって線を引く
連符 連符にする音符をかぎ
で囲む(一筆、または、2画で。)
加線 加線を描いた後に符頭を描く
(五線から離れた位置に符頭を描くと、自動的に加線が付きます。)
和音 普通に符頭を重ねて入力すれば和音になります。2度の和音は、ずらさずに同じ位置に重ねるようにして入力します。
符尾(ぼう)の向き 逆向きの符尾を描くことで、符尾の向きを変更できます。その音符の通常の符尾の向きと逆向きに設定すると、その後入力した音符の符尾の向きは、その向きに固定になります。再び、通常の向きで入るようにするには、いずれかの音符の符尾の向きを通常の向きに修正します。

臨時記号

種類 入力の仕方 動画
ナチュラル 音符の左にナチュラル
シャープ 音符の左にシャープ
フラット 音符の左にフラット
(一筆、または、2画で。)
臨時記号の位置は固定です。(移動することはできません。)

調号

種類 入力の仕方 動画
ハ長調(イ短調) 小節の左端にナチュラル
シャープ1~シャープ7 小節の左端にシャープ
で1つ入れて、数字上書きで数変更
(0(ゼロ)を上書きするとハ長調(イ短調)に変更できます。)

<数字見本>
number

フラット1~フラット7 小節の左端にフラット
で1つ入れて、数字上書きで数変更
(0(ゼロ)を上書きするとハ長調(イ短調)に変更できます。)
調号の位置は固定です。(移動することはできません。)

音部記号

種類 入力の仕方 動画
ト音記号 五線内にト音記号
ヘ音記号 五線内にヘ音記号
五線左端の音部記号の位置は固定です。(移動することはできません。)

拍子記号

種類 入力の仕方 動画
コモンタイム 小節の左端にコモンタイム
アッラ・ブレーベ コモンタイムアッラ・ブレーベを上書き
その他 小節の左端に分子または分母の数字を入力
上書きで分子・分母の数字を変更

(分子に入力できる数字は、1~16、分母に入力できる数字は、2, 4, 8, 16です。)

<数字見本>
number

拍子記号の位置は固定です。(移動することはできません。)

タイ/スラー

種類 入力の仕方 動画
タイ 符頭から符頭へ
段落をまたぐタイは、始点側だけ入力します。
スラー 符頭(符尾の先端)から符頭(符尾の先端)へ

強弱記号

種類 入力の仕方 動画
アクセント(アクセント) 音符の上または下にアクセント
ppp 五線の上または下にp
2画で

ppは、
pの横にpを追加

mp 五線の上または下にmp
mf 五線の上または下にmf
fff 五線の上または下にf

ffは、
fの横にfを追加

クレッシェンド
(クレッシェンド)
五線の上または下にクレッシェンド
(一筆、または、2画で。)
デクレッシェンド
(デクレッシェンド)
五線の上または下にデクレッシェンド
(一筆、または、2画で。)

奏法記号

種類 入力の仕方 動画
スタッカート 音符の上または下に点
テヌート 音符の上または下に
テヌート
フェルマータ 音符の上に
フェルマータ
または下に
フェルマータ

メトロノーム記号

種類 入力の仕方 動画
Metronome 五線の上に数字のみ入力

(数字は、10~500が入力できます。左の音符は、入力した小節の拍子によって自動的に決まります。)

<数字見本>
number

小節線

種類 入力の仕方 動画
BarSingle 五線内に縦線
BarDouble BarSingle
の横に縦線
BarEnd BarSingle
の右に太線(1往復半の縦線を描きます。少し幅を持たせて、1本の線にならないようにします。)
BarRepBeg BarDouble
の右に点2つ
段落の先頭に入れる場合は、音部記号の右にBarDoubleと点2つを入力します。
BarRepEnd BarDouble
の左に点2つ
BarRepEndBeg BarRepBeg
または
BarRepEnd
の横に点2つ

反復記号

種類 入力の仕方 動画
D.C. 五線の下にD.C.
D.S. 五線の下にD.S.
Segno 五線の上にSegno
Fine 五線の下にFine
to Coda 五線の上にto Coda
Coda 五線の上にCoda
または
co
反復記号の位置は固定です。(移動することはできません。)

繰り返し括弧

種類 入力の仕方 動画
Volta1 五線の上に
Volta1
のみ
Volta2
Volta1
に数字を上書き
(入力できる数字は、1~256までです。1.2のように複数の数字を点で区切って入力すると、複数の番号を持つ繰り返し括弧も入力できます。)

<数字見本>
number

ジェスチャー

音符入力モードでは、以下のジェスチャーが使用できます。

種類 説明 動画
フリックスクロール 楽譜が拡大表示されているときに画面をすばやく1本指で左右にスワイプすると、前後の小節に移動できます。楽譜の横幅が画面に収まっている場合は、ページの切り替えとなります。
記号の選択 複数の記号を枠で囲むことで、選択することができます。
画面をタップすると、選択が解除されます。
記号の削除 削除したい記号に重ねて
Vジェスチャー
Xジェスチャー
Zジェスチャー
(1往復半以上の横線 )を描くと、 その記号を削除できます。
枠で囲んで、メニューから「消す」を選んで削除することもできます。
パートの追加 五線の左に
+ジェスチャー
を入力すると、パートが追加できます。五線の中央より上に
+ジェスチャー
を入れると、そのパートの上に、五線の中央より下に
+ジェスチャー
を入れると、そのパートの下に新しいパートが追加されます。
パートの削除 五線の左に
Xジェスチャー
を入力すると、パートを削除することができます。
演奏開始 演奏を開始したい小節の五線の上で右向きに
プレイジェスチャー
あるいは
プレイジェスチャー
を入力すると、その小節から演奏します。
発想標語入力 楽譜上に
発想標語入力ジェスチャー
を入力すると、発想標語が入力できます。
最初の文字をキーボードで入力するとプリセットの発想標語がリスト表示されますので、それらから選択するか、自由な文字列を入れることもできます。

その他、ダブルタップで拡大/縮小、ダブルタップの長押しで小節やパートが選択できます。

PAGETOP
Copyright © KAWAI Musical Instruments Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.