Enjoy music with computer !

ラインアップ

スコアメーカーZEROシリーズには、プラチナム / スタンダード / エディター / (プレーヤー) がございます。プラチナムには学生、先生向けの「アカデミック版」もございます。

また、動作環境はこちら

ラインアップ間の主な違い

スコアメーカーZEROシリーズのラインアップ間の主な違いです。他の項目は、従来版のラインアップ比較表をご覧ください。

ラインアップ プラチナム スタンダード エディター (プレーヤー)
楽譜表示・印刷
演奏
編集 ×
最大パート数 256 16 16 ×
音色数 756 756 732 732
伴奏スタイル数 422 422 381 381
プリセット演奏記号(発想標語)数 313 61 61 ×
演奏記号(発想標語)の作成 × × ×
楽譜の整形機能 × × ×
記譜フォントの変更 × × ×
記譜ルールの詳細設定 × × ×
演奏順序設定 × × ×
楽譜認識 × ×
認識最大パート数 256 16 × ×
パート名自動検出 × × ×
移調楽器の自動認識 × × ×
拡張キット対応 × × ×
楽譜が歌う NEW △※1
スマートレイアウト NEW ×
スマホ認識 NEW × ×

※1 プレーヤーの「楽譜が歌う」機能は、「ボーカル使用」の設定がされているファイルだけ歌わせることができます。プレーヤーでは楽器音に設定されているパートを歌わせることはできません。

» 従来版のラインアップ比較表

 

無料で試してみる

 

スコアメーカーZERO プラチナム


プラチナムでは、高度な記譜法に対応し、細部にこだわった楽譜づくりができます。
例えば、五線のラインの太さや小節線の太さなどが設定でき、音符や記号に手書き風フォントを選択することも可能です。記号の位置やサイズも細かく設定できます。
楽譜認識も同様に高機能で、三段大譜表、16パートを超える大編成の楽譜、和音を省略した表記の音符も認識します。
初心者にも使いやすい機能満載で、楽譜作成だけでなく楽器や歌の練習にもご利用いただけます。

スコアメーカーZERO スタンダード


特別高度な楽譜作成機能はいらないから、とにかくスコアメーカーの最大の特長である楽譜認識機能を使いたいという方にはスタンダードをお勧めします。

16パートを超えるスコアなど、プラチナムでしか表現できない楽譜を除けば、認識機能は基本的にプラチナムと共通です。

スコアメーカーZERO エディター


認識機能を全く必要としない方は、エディターをご利用ください。楽譜の作成、編集、演奏機能についてはスタンダードと同等になります。

ただし、演奏機能のうち、スコアメーカー9 シリーズで追加された新しい音色波形と自動伴奏がエディターには搭載されていません。楽器音色数がプラチナム/スタンダードは756に対してエディターは732、自動伴奏のスタイル数もプラチナム/スタンダードが422に対してエディターは381となっています。

スコアメーカーZERO (プレーヤー)


スコアメーカーZEROでは、楽譜の表示、印刷、演奏だけができます。編集や認識はできません。
プラチナム/スタンダードで作った楽譜をスコアメーカーを持ってない人に見てもらったりするのに使います。
楽譜の編集や認識が必要になった場合、直ちに課金してプラチナム/スタンダードとして使うことができるため、製品版をあらためてインストールする必要がなく便利です。
※楽譜の表示、印刷、演奏だけができるものを「スコアメーカーZERO」と呼びますが、分かりやすいように「プレーヤー」や「(プレーヤー)」と表記している箇所があります。

スコアメーカーZERO プラチナム(アカデミック版)


「アカデミック版」は、学校・教育機関、およびその教職員(学校長・教員・教諭・常勤/非常勤講師など)や学生・生徒の方を対象に特別価格で提供させていただくもので、「スコアメーカー ZERO プラチナム」にご用意しております。内容および機能は、通常の商品と同じものです。

» アカデミック版のご購入について

 

無料で試してみる

 

動作環境

対応OS Windows 10 / 8.1 / 7 (64ビット/32ビット両対応) 日本語版 (最新のサービスパックをご利用ください)
対応OSについてはこちらの最新情報を参照
CPU お使いのWindowsが快適に動作するCPU
※ ボーカル音源をご利用の場合は、Intel Core i3相当以上
メモリ お使いのWindowsが快適に動作するメモリ
※ ボーカル音源をご利用の場合は、2GB以上
ハードディスク
容量
インストール時に2GB以上の空き容量が必要
画面表示 WXGA(1280×768ピクセル)以上、フルカラー
スキャナまたは
カメラ(認識時)
スキャナは、TWAINまたはWIA対応イメージスキャナ(300dpi以上の解像度)
カメラは、A4サイズの楽譜の場合、800万画素以上
インターネット
接続環境
ライセンス認証時に必要

※ 製品名および社名は各社の商標または登録商標です。

※ タッチパネルのみでの操作は困難です。マウス、キーボードをご使用ください。

※ この製品には、パソコンにサウンド機能が必要です。

※ 製品の仕様、画面は改良のため予告なしに変更することがあります。

※ 動作環境は、あくまで目安です。上記動作環境を満たしていても、お使いの環境や使用方法によっては画面表示や演奏が乱れることがあります。また、CPUクロック数やメモリ容量だけでなく、ディスプレイアダプタによっても画面表示に影響がある場合があります。

PAGETOP
Copyright © KAWAI Musical Instruments Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.