Enjoy music with computer !

ZEROの新機能

従来版に比べて、スコアメーカーZEROプラチナム/スタンダードでは次の点が進化しました!
(アイコンの説明:…プラチナム、…スタンダード、…エディター、…(プレーヤー))

» バージョン比較表

» 以前のバージョンとの違い

楽譜が歌う プラチナム スタンダード エディター プレーヤー

ついにボーカル音源を搭載。楽譜上に歌詞を入力するだけで、スコアメーカーが自然な歌声で歌います。

ボーカルの設定ダイアログでは、男声/女声の声種、大人/子供の声質、ビブラートの深さや速さなどをスライダーで簡単に設定できます。またパートごとにボーカルを設定できるので、混声合唱からソロボーカルまで幅広く対応できます。(プレーヤーはボーカル設定されたパートを再生することだけできます。設定を変更することはできません。)

ボーカルの設定

※ひらがな/カタカナ/英語に対応。名古屋工業大学/株式会社テクノスピーチの歌声合成技術が使われています。

» [スコメスタイル] スコメを歌わせる

 

無料で試してみる

 

スマホで撮った楽譜を認識 プラチナム スタンダード

スマホやデジカメで撮った楽譜画像の認識に対応しました。最新の画像処理技術により、スマホ画像特有のゆがみを補正し、影の映り込みなどによる明暗のばらつきを処理します。世界最高レベルの楽譜認識が、ますます便利で手軽になりました。

ゆがんだ楽譜も認識時にはまっすぐに

多少、手やカメラの影があっても大丈夫

※A4サイズの楽譜の場合、800万画素以上のカメラ機能が必要です。
 

無料で試してみる

 

誰が書いてもきれいな楽譜に プラチナム スタンダード エディター

スラーとアーティキュレーションなどの衝突を自動的に回避するスマートレイアウト機能を新たに採用。スコアメーカー10で採用されたスマートグリッドと併せて、誰が書いてもきれいな楽譜が簡単に作成できるようになりました。

音符を移動する(左)と、従来は重なっていたが(右上)、スマートレイアウトでは回避される(右下)

» [スコメスタイル] 誰にでもきれいな楽譜が書ける

スラーについては太さの設定も可能になり(プラチナムのみ)、段落をまたぐスラーの位置や形状も自由に調整できるなど、大幅に強化されています。

段落をまたぐスラーの位置や形状が従来は調整できない(左)、ZEROでは調整できる(右)

» [スコメスタイル] 誰にでもきれいな楽譜が書ける その2

 

無料で試してみる

 

他にもまだある新機能

MusicXMLインポートNEW

皆様からのご要望の多かった、MusicXMLのインポートに対応しました。他社製の楽譜作成ソフトで作成した楽譜をインポートして、スコアメーカーZEROで編集したり、歌わせることができます。MusicXMLエクスポート機能と合わせて、他社ソフトとの楽譜のやり取りが可能です。

» [リファレンスマニュアル] MusicXMLのインポート

MP3形式でエクスポート

スコアメーカーで作成した楽譜の演奏をMP3形式で保存すれば、携帯音楽プレーヤーやスマホに持ち出していつでもどこでも演奏を聴くことができます。

» [スコメスタイル] MP3形式でエクスポート

自動声部割り振り

符尾の向きが違う音符や和音を別々の声部に割り当てる機能です。

» [スコメスタイル] 自動声部割り振り

タブ譜再割り当て

タブ譜で押さえるポジションを指定して再割り当てする機能です。

» [スコメスタイル] タブ譜再割り当て

 

無料で試してみる

 

今後も予定されている新機能

スコアメーカーZEROシリーズは常に進化を続けます。契約期間中であれば、常に最新の機能を無償で手に入れることができます。現在、以下の機能を準備中。

ReWire対応

他社製のDAWソフトとスコアメーカーの演奏を同期させることができます。楽譜ファイルの活用の幅がますます広がります。
※相手側のソフトウェアがReWireに対応している必要があります。

以前のバージョンとの違い

スコアメーカーZEROシリーズが以前のスコアメーカーシリーズとどう変わっているのか、分かりやすく解説しています。

PAGETOP
Copyright © KAWAI Musical Instruments Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.