スコアメーカー学校版は、楽譜を作成する以外に授業で使うこともできます。
今回は、リコーダー運指を電子黒板やプロジェクターで表示できる楽譜データを紹介します。

 

楽譜データ

下のボタンをクリックすると、楽譜データがダウンロードできます。
※ファイルは通常、ダウンロードフォルダに保存されます。
ソプラノリコーダー(ジャーマン)用音階
アルトリコーダー(バロック)用音階
※このデータは、学校版12.1用データです。Ver.12以前のバージョンでは正常に表示できません。
 

用途

  • 電子黒板やプロジェクターで表示して使います。
  • 1オクターブ分入力済みですので、提示したい運指だけ抜き出す(いらない音は消す)と簡単です。
  • 印刷して使うことも可能です(A4版横)。

 

使い方

  1. ダウンロードしたファイルを開きます。
  2. 曲に使われている運指だけ提示したい場合は、不要な音を削除(消しゴムカーソルにしてクリック)します。

    楽譜にない音を追加したい場合は、音符入力にして全音符を追加します。
  3. 全体表示にすると、ページ全体が表示されて使いやすいです。

 

応用

ドレミも表示したい

表示方法は、前回の方法をご覧ください。
必要な運指だけを抜き出して階名を五線の下に表示すると、次のようになります。

リコーダーの上下を変更したい

変更方法は、前回の方法をご覧ください。

リコーダーの種類を変更したい

変更方法は、前回の方法をご覧ください。

音を鳴らす

再生ボタンを押すと、音が順番に鳴ります。

指定した音だけ鳴らしたい場合は、「なぞり演奏」を使うと便利です。
プレーヤーモードにして、鳴らしたい音をドラッグしてなぞってる間、その音が鳴ります。