スコアメーカー学校版は、楽譜を作成する以外に授業で使う教材も作ることができます。
今回は、印刷して使えるリコーダー運指の楽譜データを紹介します。

 

楽譜データ

下のボタンをクリックすると、楽譜データがダウンロードできます。
※ファイルは通常、ダウンロードフォルダに保存されます。
ソプラノリコーダー(ジャーマン)用
アルトリコーダー(バロック)用
※このデータは、学校版12.1用データです。Ver.12以前のバージョンで使うには、こちらをご覧ください
 

用途

  • 印刷して掲示して使います。
  • 1つの音をA4版縦1枚に印刷します。

 

使い方

  1. ダウンロードしたファイルを開きます。
  2. 音符をドラッグして、表示したい音にします。運指は自動で変わります。
  3. [ファイル]メニューから印刷します。A4縦で印刷してください。

 

応用

ドレミも表示したい

音符に「ドレミ…」を一緒に表示したい場合は、[表示]メニューの「階名」にチェックを入れます。

階名の位置は、[ツール]メニューの[オプション]-[表示2]の「表示位置」で変更できます。

階名を五線の下に表示すると、次のようになります。

リコーダーの上下を変更したい

[ツール]メニューの[オプション]-[表示2]の「リコーダー上下反転」で変更できます。(上のオプションの図を参照)

リコーダーの種類を変更したい

リコーダーの種類は、パートのプロパティで変更できます。詳しくは、【Q&A】リコーダーの運指を表示させるには をご覧ください。
 

Ver.12以前のバージョンで使うには

学校版12.1とVer.12以前のバージョンでは運指表示のデータが異なるため、そのまま使うことができません。
Ver.12以前のバージョンで使うには、楽譜を開いた後、以下の操作が必要です。

リコーダー運指を表示する

リコーダー運指が表示されない場合は、[表示]メニューの[リコーダー運指]にチェックを入れて運指を表示します。

表示位置を調整する

リコーダー運指が用紙からはみ出る場合は、「楽譜の設定」で「五線の高さ」の値を小さくします。詳しくは、【Q&A】五線の高さ(第1線から第5線の高さ)を調整したいんだけど をご覧ください。

リコーダーの種類を設定する

ソプラノリコーダー/アルトリコーダー、ジャーマン方式/バロック方式は、オプションで設定します。[ツール]メニューの[オプション]-[表示2]で設定してください。