歌やリコーダーを練習するのに、自分のパートだけが入っているCDがあると便利ですね。今回はそんなCDを作る方法をご紹介します。

CDを作るためにはWAVEファイルが必要です。「スコアメーカー 学校版」には演奏をWAVEファイルへエクスポートする機能があるので、それを使います。
 

WAVEファイルを作る

ピアノ伴奏と各パートが入力されたフルスコアを用意しておきます。例えば、パート1、パート2、パート3、ピアノ伴奏の楽譜としましょう。

楽譜を作るには音符を一つ一つ貼り付けていく方法がありますが、「スコアメーカー 学校版」では楽譜認識機能を使うと便利です。スキャナで楽譜をスキャンするだけで楽譜データを作ることができます。詳しくは講座「教科書の曲を楽譜データにしてみましょう」をご覧ください。

 

この楽譜からピアノ伴奏とパート1だけが入っているWAVEファイルを作ります。今回は、いらないパートの音量を0にする方法を使います。

 

パートの左端をダブルクリックして選択、右クリックメニューのプロパティでパート2とパート3の音量を0にします。


 

この状態でファイルメニュー-エクスポート-WAVEで保存します。

 

同様に、

  • (ピアノ伴奏+パート2)にしたければ、パート1とパート3の音量を0に
  • (ピアノ伴奏+パート3)にしたければ、パート1とパート2の音量を0に

してWAVEファイルへエクスポートします。
 

また、カラオケのような自分のパートだけない演奏(マイナスワン)にしたい場合は、

  • (パート1カラオケ)にしたければ、パート1の音量を0に
  • (パート2カラオケ)にしたければ、パート2の音量を0に
  • (パート3カラオケ)にしたければ、パート3の音量を0に

してWAVEファイルへエクスポートします。

 

CDにする

CDにするにはライティングソフトが必要です。今回は、Windowsに附属しているWindows Media Playerを使ってみましょう。

Windows Media PlayerはスタートメニューのWindows アクセサリの中にあります。

 

起動して右上の「書き込み」タブを選びます。

CDドライブが「オーディオCD」になっていなかったら書き込みオプションを確認してください。

 

先ほど用意したWAVEファイルを「書き込みリスト」へドロップします。後は、空のCDをドライブへ挿入して「書き込みの開始」ボタンを押すだけです。

 

こうして作成したパート別CDと講座「こんな楽譜のパート譜はどう作るの?」で作成したパート譜を合わせて使えば、きっとパート練習もはかどるでしょう。